事故に遭った際に請求できる場合がある逸失利益について知りたいときに役立つサイト

交通事故に遭ったことによって仕事をする上で支障を来たすようになった場合には、逸失利益を加害者側に請求できます。
ただ、どのような状態になったら仕事に支障を来たすようになったと認められるのか、また、どの程度の額を請求できるのかがよく分からないという方も多いのではないでしょうか。
そんな方のために、交通事故賠償金算定センターでは、逸失利益の計算方法や請求できる事例などについて、サイト上で詳しく解説しています。
例えば、顔にひどいケガを負ってしまって見た目が醜くなってしまった場合に、仕事に支障を来たすと認められるかは気になるところでしょう。
サイトの解説によれば、男女ともに逸失利益が発生したと認めてもらうことは可能になっていると書かれています。
ただし、男性よりも女性のほうが認められやすかったり、事務職などよりもモデルや俳優などお客様の目に触れる仕事をしているほうが認められやすかったりと、性別や仕事内容によって認められる確率が違ってくるとも記載されているのです。
また、計算方法については、事故前の年収、ライプニッツ係数、労働能力喪失率の3つを掛け合わせると求められると記載されています。
事故前の年収やライプニッツ係数、労働能力喪失率をどのように求めるかについても記載があるので、計算をする上でとても役立つことでしょう。