居酒屋で考えるのは仕事のこと

勉強は時間をかければ良いものではありません。
それは、中学生の指導に当たっている高橋壮志にとっても当たり前の概念です。
いかにして学びやすくするかを調節するところが学習塾ですから、子供の悩みに寄り添った教育が必要です。

昔から子供への教育に興味を抱き、わかることへの楽しさを自分でも体験していたからこそ、30代になった高橋壮志は考え、日々の教育に役立てているのです。
素晴らしい体験は、必ず記憶の結びつきを強くします。
インパクトを与える教育こそ、受験に役立つ実践的な知識に繋がるのでしょう。
そんな考えを、居酒屋で一人考えながら過ごす高橋壮志は抱いています。

映画観賞などを通しても、記憶に残るものは何らかのインパクトがあります。
それを学習場面にも波及することができるようになれば、何度でも思い返すことのできる濃厚な記憶になるでしょう。
そう感じてもらえるようにと、教育のシャワーを中学生へ浴びせているのです。
その期待は、「伸びてほしい」と思う保護者ほど抱くのではないでしょうか。
高橋壮志 弁護士 弁護士法人 若狭・高橋法律事務所 銀座オフィス|オール相続・終活